求職者の募集

「気になる!」される募集の書き方

「気になる!」されるための、基本的な募集の書き方を説明します。
募集は基本的に下記の項目で構成されます。

カバー画像

勤務地

必要な資格

待遇(給与)

何をやっているか

お願いしたいこと

働く環境や業務に必要なスキル・経験

福利厚生その他

「このページでは「何をやっているか」「お願いすること」「働く環境や業務に必要なスキル・経験」について、推奨する記載内容をお伝えします。

何をやっているか

基本的には、求人案件の概要について記述していただくことになります。例えば、「全国に〇〇箇所の事業所を展開し多くの利用者様にご利用いただいている新規事業所のオープンスタッフを募集します!」といった形です。しかし、それだけでは説明は不十分です。

そのサービスに取り組んでいる理由

強みとする内容や喜ばれるサービスについての詳細

新たな事業所をオープンするにあたって新たな展開や目標

「などを記載して魅力ある内容にしてください。

お願いしたいこと

候補者への依頼内容について記載します。大きく分けて下記の2点について記載すると良い内容になります。この2点は募集をするにあたって最低限必要な情報でもあります。

業務内容

想定されるワークフロー

業務内容は、より具体的にお願いする内容の詳細を記述しましょう。候補者によっては、「〜など」とか「〜他」などと記載されると、採用後に記載されている以上の仕事を任されるのではないか?と考えてしまう可能性があります。ですので、「詳細については遠慮なくご質問・ご相談ください」というように一言記述しておくと良いかもしれません。

想定されるワークフローも、できるだけ具体的に記述し、閲覧した候補者が依頼内容について具体的にイメージしやすいようにしてあげましょう。

働く環境や業務に必要なスキル・経験

候補者にとっては、働く環境や必要なスキル・経験を知ることが、「自分にとって好ましい環境の職場かどうか?」を判断する大切なポイントとなります。

以下の点に気をつけて記述しましょう。

働く場所(施設名、住所、最寄駅、環境、設備、その他)

月の出社日数(休日)もしくは年間日数

実働(稼働)時間

休憩時間

シフト(日勤・夜勤・準夜勤・その他)

オンコールの有無

月の出社日数(休日)

部署や事業部の内容(職場の雰囲気)

一緒に業務を行うチームメンバーの特徴

試用期間

業務につかうスキル

スキル経験年数

業務につかうツール

などになります。

福利厚生その他

福利厚生などその他条件は、ご存知のとおり簡潔に箇条書きで記載いただくのがベストです。



以上になります。今回は「気になる!」されるために、基本的な情報として記載を推奨する内容についてお伝えしました。
※ここで記載されている書き方などは、実行することによって確実に「気になる!」が増えることを保証するものではありませんので、ご了承ください。

求職者の募集

募集を作成する

募集内容の編集・複製

募集を終了する

「気になる!」される募集の書き方

カバー・ロゴ画像について

就職支援金を設定する

ヘルプを参照しても問題が解決しない場合、下記の問い合わせフォームからご連絡ください。