求職者を探す /「気になる!」

候補者がやりとりしたくなるメッセージの仕方

今回はマッチング成立後のメッセージのやりとりについてお伝えします。マッチング成立後、候補者との面談をとりつけ、面談(面接)に至るにはメッセージの仕方が非常に重要です。
では、とのようなメッセージのやりとりが効果的なのでしょうか?

1. なぜメッセージのやりとりが重要なのか?

Wecare上での応募、つまり「気になる!」は文字通り「気になっている」状態です。募集内容に惹かれており、「話を聞いてみたい」とは思っているものの、まだ「面談(面接)」したり「お仕事したい」と思っていない可能性もあります。

とりあえず話を聞いてみたい

同時に複数の他の募集に興味を持っている

という可能性が十分にあります。

Wecareではマッチングしたからといって、メッセージを必ずしも送る必要はありません。それは企業と候補者の双方に言えることです。「気になる!」のマッチングした後、候補者は必ずしも「面談希望(面接する)」をする必要はなく、その後のメッセージのやりとり次第では別のマッチングした募集に惹かれるかもしれません。

マッチングを無駄にしないためにも、候補者に良い印象を与えるメッセージを心がけましょう。

2. メッセージの内容と要素に注意する

メッセージ送信までの時間

メッセージの送信者やアイコン画像

文章の長さ

次のアクション提示のタイミング

具体的には、上記の要素に注意してメッセージのやりとりを行いましょう。

まず一つ目は、メッセージ送信までの時間についてです。
せっかく「気になる!」でマッチングしたにもかかわらず、何日間も放置してしまうと、せっかく興味を持った候補者を待たせてしまい、返事が帰ってこない原因になります。理想は「8時間以内」遅くとも「24時間以内」にはメッセージを送りましょう。
応募が来たら、その日のうちに返信する様に心がけると良いでしょう。

二つ目は、メッセージ送信者やアイコン画像についてですが、企業側のアカウントから送ったメッセージには、その企業の個別アカウントに使用されているアイコン画像が候補者に表示されます。例えば、A社員のアカウントにAさんの顔写真がアイコン画像として設定されている場合、そのアイコン画像が相手の候補者へメッセージと一緒に表示されます。ですので、親しみやすさや安心感を与えたい場合は、極力、送信者がどういう人物か分かるようにアイコン画像の設定をするように心がけましょう。

三つ目に、文章の長さについてですが、送る情報量が多い内容が充実して良いとは限りません。相手の候補者は多くの場合、忙しい合間に時間をみつけてメッセージのやりとりをしています。なので、極力、簡潔に分かりやすい短めの文章でやりとりするようにしましょう。

最後に、次のアクションである「面談希望」のタイミングについてですが、いきなりなんのメッセージのやりとりもせず、「面談希望」をしても相手の候補者は驚くだけで、むしろ不安や不信が募り逆効果になってしまいます。
まずは、候補者が何を求めているかをよく理解し、自社のことや募集について伝えるだけでなく、相手の要望や考えなどを聞いてから「面談希望」をするように心がけましょう。

以上が、候補者がやりとりしたくなるメッセージについての説明となります。

求職者を探す /「気になる!」

求職者を探す

候補者へ「気になる!」をする

候補者とメッセージのやり取りをする

候補者がやりとりしたくなるメッセージの仕方

ヘルプを参照しても問題が解決しない場合、下記の問い合わせフォームからご連絡ください。